勃起不全の症状

勃起不全とは、かつてインポテンツと呼ばれていた、勃起不全の症状を専門的に見ますと、性交を行う時、十分な勃起が出来なかったり、維持できない状態を指しています。英語では「Erectile Dysfunction」と呼ばれ、その頭文字を取って「ED」と言われています。

現在日本の潜在的な勃起不全を持病している人数は1130万人に上るともいわれており、勃起不全は決して珍しいものではなくむしろ非常に身近な症状といえます。

日本の成人男性の約25%が、ペニスの勃起に関して多かれ少なかれ悩みがあると言われています。40代以上の中年、高年の方の割合いが多いのですが、10~20代の若者にも勃起不全で悩む方はいます。肉体的な理由はもちろんですが、心理面も影響するなど原因は数多くありますので、年齢に関係せずに起こる問題です。

勃起は、脳からの信号によって陰茎の動脈に血液が流れ、大きく膨らむ状態です。勃起不全の方は、何かしらの原因があり動脈が正常に広がらなかったり、神経に問題があることで正常に脳からの信号が伝達されず、ペニスがうまく勃起がしません。

下記の症状に気づいたら、勃起不全を疑って下さい。

朝立ちしなくなった
昔と比べてペニスの勃ちが悪い
性行為の最中にペニスが萎える
ペニスが充分硬くならない