糖尿病による勃起障害の治療薬レビトラの購入方法

レビトラは今医者で処方してもらうと10mgで1500円、20mgで2000円取られます。これをまじめに使用していますと、週2回セックスをすると月に8錠必用になります。20mgのレビトラですと16000円掛かる事になります。では、どうすれば賢い買い方と言えますか。

まだこれだけならいいのですが、ホテル代などが発生する場合には、1回に6000円掛かるとしますと8回で42000円となりレビトラ合わせると、なんと58000円月に掛かってしまいます。これでは、とてもかないません。そこでレビトラのコストをいかにして安くするかがポイントになります。解決方法は簡単で、医者でレビトラを買わずにネットで購入するのです。日本では一定量の医薬品個人輸入してもいいと言う法律があります。

医薬品等の個人輸入について

医薬品の個人輸入と言っても自分でするわけではありません。専門の輸入代行業者がいますので、そちらに注文するだけですので、なんらネットショップで買い物をするのと違いはありません。先ほどの少し触れましたが、業者の中には平気で偽物のレビトラを販売している業者がありますので注意が必用です。いくつかの偽物を販売している業者の見分け方をご紹介しましたが、それでも巧妙に本物と見せかけて平気に偽物を販売している業者が沢山いますで、レビトラ・レビトラジェネリックを購入する場合には、十分に注意した上でご検討下さい。

もちろん純正のレビトラをネットで購入しても医者で買うよりは安くなりますが、やはりおすすめはレビトラジェネリックになります。レビトラのジェネリックですと、レビトラジェネリック(ジェビトラ)20mgが最大に安い価格で購入しますとなんと1錠100円代で買えます。レビトラ1錠2000円と1錠100円代では、もう悩む必要など微塵もありません。

レビトラジェネリック

更に、あなたがレビトラ10mgで十分に効果の出るタイプでしたら、ピルカッターを買いましょう。

レビトラジェネリック(ジェビトラ)20mgを必ず購入して、ピルカッターでこれを半分にします。そうしますと10mg1錠がなんと50円代で購入する事が可能になります。